簡単に知るホームワック

視力回復のための最終兵器は、テレビを見ることだった!!

視力回復の最終兵器が、テレビを見るだけってどういうこと?!って思いますよね?
ホントにテレビを見るだけなのです!
でも普通にテレビを見るのではなく、コレ↓

視力トレーニング機器ホームワック

ホームワックを通して1日20分テレビを見るだけ!

なぜ近視になるかご存知ですか?

なぜ近視になるか

読書やスマホ/ゲームなどで、目を近づけて行う作業や、目を凝らしてじっと見る行為を長く続けていたりすると、近くのモノを見る状態で目の筋肉(毛様体筋)が凝り固まり、遠くを見る際の筋肉の緩め機能が働きにくくなります。

これが慢性化し、遠くを見る時に毛様体筋が緩まず、遠くにピントが合わせられない症状が近視です。
ですから、遠くにピントを合わせる力を取り戻せば、視力は回復するんです!

視力は回復する

また、眼球(硝子体)も近くのモノを見る際は、内側に寄るため(いわゆる寄り目)、近視の方は、眼球を外側に動かす働き(遠くのモノにピントを合わせる際の動き)も鈍くなっています。

なお、近くのモノを見る際の眼球の運動を“輻輳運動”、遠くのモノを見る際の運動を“開散運動”といい、このイメージは下図に示したとおりです。

近視の方は寄り目

上記をふまえて、ホームワックを見ていきます。
まずは、構造。

近視改善にホームワック

外観は、上の写真のように双眼鏡のような形状をしています。

プリズムや凸レンズが絶妙に調和

内部の構造は、上の写真や構造図に示したように回転プリズム移動凸レンズ調整凸レンズという主要部品で構成されています。

◆視力回復の原理
ホームワックは、<回転プリズム>や<移動凸レンズ>が絶妙に調和して、

  1. 水晶体の厚さを調節する“毛様体筋”の運動
  2. 眼球(硝子体)の“開散運動”(外側に開く運動)

を同時に行わせるように、目に入ってくる像の屈折力自動的・連続的変化させます。

水晶体の厚さの調節

毛様体筋伸びたり縮んだりすることで、水晶体厚くなったり薄くなったりします。
この仕組みによって目は遠近にピントを合わせています。

自動的・連続的屈折力が変化するため(つまり、目に入ってくる像にピントが合ったりぼやけたりする、という変化がアナログで連続的に起こるため)、常に目が像を捉えようとして、関連する筋肉を一生懸命に働かすことになるのです。

関連する筋肉の働き

↓ホームワックを通してみると、こんな感じに見えます↓

ホームワックはこんな感じにみえます

視力回復の最終兵器、「ホームワック」のこと、何となく分かって頂けましたか?
より詳しい内容をお知りになりたい方は、トップページをご覧ください。


トップへ戻る