ホームワックに良く頂く質問

体験やお試しはできますか?
ご購入前に、お試しレンタルサービスをご利用いただけます。
詳しくは、こちらをご覧ください。
1回にどのくらい行えば良いですか?
1回20分くらいをめどに、行って頂きます。
1日何回やっても構いませんか?
1日に何回も行いますと、オーバーワークになってしまいますので、1日1回をめどに、行って頂ければと思います。
毎日やっても問題ないですか?
毎日行って頂いても、問題ありません。
眼育ingBOX(販売終了)との併用は可能ですか?
併用して頂いても、全く問題ございません。
すでにメガネを掛けていますが、対象となりますか?
効果には個人差がありますが、メガネを使用されている方でも対象となります。
大人でも使用可能ですか?
年齢に関係なく、ご利用頂けます。
もちろん、近視になってからの期間が長い場合や、近視の進行度が強い場合は、子供のような視力向上効果を得ることは、難しいケースが多いです。

ですが、実際は、仕事でモニターを長時間使う方の視力低下予防、ドライアイの防止、眼精疲労の解消、老眼の進行を遅らせるなどの、様々な効果が報告されています。

一家で取り組まれると、より楽しく続けられ、またご家族みんなにそれぞれの効果がありますので、お勧めです。
眼育ingBOX(販売終了)とホームワックのどちらを行えば良いでしょうか?
1.メガネ使用
2.裸眼視力が0.2以下
3.中学生以上
上記の1つでも該当する場合は、ホームワックをお勧めします。
生活改善は必要ですか?
はい、既に近視の進行していることから、生活の中から、近視の原因となることを取り除くことも重要です。
近視は遺伝が原因じゃないの?
純粋に遺伝のみが原因で強度近視になるケースは、全体のわずか5%にすぎないと言われています。

むしろ、普段の生活習慣や環境が原因となるケースの方が、圧倒的に多いと言えます。
生活習慣の改善につながる知識や、それを実行するためのノウハウもご提供しています。
どのような方が対象ですか?
もともと視力の良かった方が、携帯型ゲームのし過ぎ、といった環境要因で近視になった場合を対象につくられております。

ですので、視力の良かった時期がない場合や、矯正視力が1.0でないケースなど、先天性や遺伝性である疑いの高い場合は、対象ではありません。
そのようなケースでは、医療機関で対処をされる事をお願い致します。

また、現在、白内障・緑内障・網膜剥離・弱視・斜視などを治療中の方は、実施をお控えください。
判断の難しいケースでは、事前にご相談ください。
ホームワックの詳しい資料はありますか?
ございます。
無料の資料請求ページより、ご請求下さい。
ホームワックは、眼科のワックと関係がありますか?
ホームワックは、眼科にあるワックと同じ「雲霧法」を主体としたトレーニング装置です。
原理は同じですが、本商品は、眼育総研のオリジナル商品であり、(株)ワック社の商品ではありません。

また、ホームワックは雲霧法以外のトレーニングも含まれています。
「遠視」や「乱視」の場合は?
遠視の方
基本的に近視のためのトレーニング体系となっております。
度数の高い遠視の場合は、適応できません。
現在の症状に対してトレーニングが有効かどうかは、事前にご相談ください。

乱視の方
先天性の乱視は、トレーニングで改善することは、ほぼ不可能と考えられます。
近視に伴って進行する乱視の場合は、近視を改善することによって、乱視の進行を止める事ができる場合があります。
現在の症状に対してトレーニングが有効かどうかは、事前にご相談ください。
どのくらいまで視力があがるの?
視力回復の効果の程度につきましては、近視がどの程度進行しているかによって変わってきます。
本質的な近視の進行度が少ないほど、効果は出やすくなります。

また、日常生活で、現在近視が進行している原因があるはずですが、それをどれだけ改善できるかも、要因の一つとなります。

現在、メールやお電話にて無料で視力向上可能性判定をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
どれくらいで効果がでるの?
近視の進行度によって、大きく左右されます。
生活改善が、どの程度できるかも関わってきます。

ですので、個人差がとても大きくでる部分でもあり、一概には言えません。

それでもあえてひとつ上げるとすると、「3ヶ月間以上」という目安があります。
人間の身体は、生理学上、トレーニングにより継続的な効果を得るのに、最低3ヶ月間以上の期間を要します。

ですので、まずは3ヶ月を目安に行って頂くと良いと思います。
トレーニングするタイミングはいつがいいですか?
トレーニングを行う時間はいつでも結構ですが、強いて言えば、近くを見る作業を長時間続けた後が望ましいです。

夕方や寝る前などでも、読書で凝りかたまった眼の筋肉を、効果的にほぐすことができます。
視力がまだ0.9くらいあるのですが、早く始めた方がよいでしょうか?
視力が0.9くらいの段階で対策されようとしているのは、とても素晴らしいことです。
近視がそれ程進行していないうちに、トレーニングをするのが、近視予防という観点からも、望ましい形です。

ただし、既に近視の進行が始まっていることから、生活の中から、近視の原因となることを取り除くことも重要です。
両方行うことによって、「目の機能をフルに発揮する能力と、近視になりにくい目の使い方」が見につきます。

これができると、簡単には近視になりにくい強い目になります。
アレルギー症状がありますが、効果は期待できますか?
アレルギー性の結膜炎の場合、それ自体は、視力と直接の関係はありません。

ですが、それによって目を掻くことが多い場合、角膜に傷が付きやすいため、注意が必要です。
角膜の傷は、乱視につながる場合があります。

また、近くの物を凝視する時間が長いと、まばたきが少なくなり、結果的に眼の表面が乾きやすく、結膜炎になりやすいことはあるかもしれません。
凝視の時間を減らし、まばたきを適切に入れるように注意された上で、取り組まれると良いと思います。
メガネをかけるかどうか迷っています…
通常の近視の場合、メガネは、必要性がないのに使う必要はありません。

ですが、使わないに超したことはありませんが、視力によっては、授業中の黒板など、必要なケースは出てくるかもしれません。
その場合、まずは学校の先生と相談して、席を前の方に変えてもらうと良いと思います。
それでも見えなくて授業に支障が出る場合は、メガネを使用して下さい。

メガネを使用する際は見えない距離を見る必要がある時だけ、使うようにして下さい。
裸眼で見える距離の場合は、なるべくメガネに頼らずに、 目の筋肉を使う機会を多くする方が、望ましいです。

極端な例えですが、「メガネは望遠鏡として使う」という意識でいると、手元の本やパソコンなどを見るときはメガネをはずそう、と心がける事ができます。
また、逆にメガネを使わないことにこだわりすぎて、「遠くのものを 目を細めて見るクセ」をつけてしまうことも、良くありません。
「目を細めるクセ」は、乱視にもつながりやすいため、注意が必要です。

なお、メガネの調整度数は、矯正視力で両眼で0.8程度、片眼で0.6程度でていれば、充分です。
遠方で矯正を強くすると、近方では矯正が強すぎる弊害がでやすくなってしまいます。

メガネは、使い方にさえ気をつけていただければ、それほどトレーニング効果の妨げにならないように使うことは、可能です。
サポートはありますか?
はい、使い方や生活改善、向上の可能性をアドバイスさせて頂きます。
ホームワックで何を見れば良いですか?
静止画や外の景色を見ることも可能ですが、お好きなテレビやDVDがお勧めです。
サイズ・重量はどのくらいですか?
本体サイズ:幅12cm×奥行き6cm×高さ10cm 重量:362g
送料はかかりますか?
はい、全国一律590円(税込)でお届けします。
どのような支払方法がありますか?
・クレジットカード
・代金引換
・銀行振込
・ゆうちょ振替
・PayPal(分割金利手数料無料10回払い)

※10回分割金利手数料無料払いは、世界中で190ヶ国1億5千万人が利用しているオンライン決済サービスのPaypalでのお支払いとなります。
どなたでも簡単な手続きで安全・簡単にクレジットカード・デビットカードでのお支払いが可能です。
お支払いの詳細は、こちらをご覧下さい。
配送業者はどちらですか?
佐川急便でのお届けとなります。
商品はどのくらいで届きますか?
在庫がある場合は、ご注文より2営業日以内に発送いたします。
配送日・配送時間の指定は出来ますか?
配送時間は、ご指定頂けます。
配送日に関しましては、ご注文日より5日後以降であれば、ご指定頂くことが可能です。
ギフトは対応していますか?
300円(税込)で対応しております。
ラッピングをご希望される場合は、ご注文の際にラッピングをお選びください。
また、メッセージカードも200円(税込)にて承っております。
外国への発送はできますか?
通常、保証付きの国際スピード郵便(EMS)でご送付しております。
送料は、お住まいの地域により変わりますので、事前にご相談ください。
保証期間は?
1年保証となります。
アダプターなどの消耗品は除きます。
キャンセルや返品はできますか?
お客様のご都合による返品は承っておりません。

初期不良の場合は、返品・交換を承ります。
この場合、返品・交換にかかわる送料は、弊社が負担致します。
商品到着後、5日以内にメール・お電話にてご連絡ください。

キャンセルのお申し出は、商品発送前に限り、承ります。
お電話/メールにて、お早めにご連絡願い致します。

トップへ戻る